プレイの上達と指導のコツ|ラグビーってマイナーなスポーツだけど上達したい!指導のコツを知りたい!

プレイの上達と指導のコツ

まだまだスポーツとしてはマイナーなラグビー。
ラグビーがマイナーでも、どうせやっているなら技術を上達させたい!
ただ単に練習量を増やせば上達するかというとそうではない。
上達するためにはコツがあります。コツを知ればラグビーを始めた年齢は関係ない!

ラグビー上達革命【元・日本代表、現・慶應義塾大学ヘッドコーチ 野澤武史 監修】DVD2枚組

例えば、ラグビーを始めたのが高校からだとします。
周りは小学校や中学校の時からラグビーをしている人たちばかり
追いつくためには倍、いや3倍の練習をしなくては。

はい!こう思ったあなた間違っています。

それすると追いつくどころか体を壊してしまうことになります。
選手寿命が縮まってしまうのでラグビーを楽しめなくなってしまう。

ラグビーを始める年齢は実は全く関係ない!

ラグビーの技術を向上させるために練習は必要不可欠ですが
だからといって練習量を増やす必要はない。頭を使う、コツを掴む。
たったこれだけであなたの技術は飛躍的に向上します。確実に。

指導者に同じことが言えます。
指導者が指導の仕方を間違っていると選手の技術は向上しない。
それだけでなく選手の怪我へとつながってしまう。

ラグビーのプレイを上達するためにも、指導にもコツがある!

ラグビーを上達させるために必要なことは練習量ではなく練習の質です。
指導者に必要なことも指導の質です。
質の低い指導は選手のやる気をなくすだけ。

ラグビーの試合で勝てない大きな原因は選手ではなく指導者にある!
指導者の指導が下手であればあるほど選手の素質を引き出すことができない。
ラグビーの上達、指導に必要なことコツです。
コツさえ掴めば誰でも上達します。優秀な指導者になれます。

ラグビー上達革命【元・日本代表、現・慶應義塾大学ヘッドコーチ 野澤武史 監修】DVD2枚組

2019.09.30 | このブログの読者になる更新情報をチェックする
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます